虫歯が気になる方

虫歯かな?と感じたら早めに治療を受けましょう

「歯が痛む」「冷たい物が歯にしみる」――それは虫歯のサインかもしれません。刺激に敏感に反応してしまう知覚過敏も疑われますが、どちらにしても早期発見・早期治療が大切です。気になる症状がありましたら、できるだけ早く福岡市博多区那珂5丁目の歯医者「もりさき歯科クリニック」にご相談ください。

虫歯の進行について

まず、お口の中に存在する虫歯菌が食べかすなどに含まれる糖分をエサにネバネバした成分を出して歯の表面に付着します。そこでもさらに糖分を分解してプラーク(歯垢)を形成し、さらにプラーク内部で「酸」を産生して、この「酸」が歯の成分(カルシウムやリン)を溶かしていくのが虫歯です。虫歯は進行状態によって5段階に分けられます。

虫歯の進行段階
進行段階 症状と治療法
  • レベル1:
  • CO:初期の虫歯

CO:初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が少し溶け始めて白く濁って見える状態です。黒ずんだり穴が開いたりする前の段階です。

治療法:汚れを落とすことが基本です。歯みがき指導を行い、フッ素塗布により歯の再石灰化を促します。

  • レベル2:
  • C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶かされ穴が開き始めた状態です。まだ痛みはありません。

治療法:虫歯に汚染された部位を削り取り、レジン(歯科用プラスチック)またはインレー(詰め物)で補います。

  • レベル3:
  • C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

さらに内側の象牙質にまで汚染が進んだ状態です。エナメル質よりやわらかく進行が早いので注意が必要です。冷たい物がしみるなどの症状が現れます。

治療法:虫歯に汚染された部位を除去して、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)を装着して補います。

  • レベル4:
  • C3:神経に達した虫歯

C3:神経に達した虫歯<

歯の中の神経にまで汚染が進んだ状態です。何もしなくてもズキズキと痛みます。

治療法:神経が入っている細い管(根管)から神経を除去し、内部を消毒して薬剤で密閉する根管治療を行います。その上にクラウンを被せ歯の機能を補います。

  • レベル5:
  • C4:歯根に達した虫歯

C4:歯根に達した虫歯

歯冠部分(歯の上の部分)がほとんど溶かされ、歯根だけが残っている状態です。神経が死んでしまうと痛みはいったんなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。

治療法:ほとんどの場合抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯治療やインプラント治療などを行い歯の機能回復を図ります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

できるだけ痛みを抑える治療~無痛治療~

歯の治療前には麻酔をしますので治療中の痛みほとんどありません。しかし歯を削る音や振動をイメージするだけで苦手意識がはたらいて、歯科医院への通院を後回しにしてしまう方がいらっしゃいます。しかしそれは逆効果です。早めに治療を始めれば比較的簡単な処置で済みます。虫歯も歯周病も早期発見・早期治療がおすすめです。

当院では歯科治療に苦手意識がある方でも安心してご来院いただけるように、歯茎への圧力を抑えた電動麻酔器を活用して注射の痛み自体をできるだけ抑えています。さらに注射針は最も細いとされている33ゲージ(0.26mm)の針を使用し、麻酔液も人肌に温める事によって、体内に入った際の痛みを極力和らげます。

親しらずについて

親しらずは智歯(ちし)ともよばれ、28本の永久歯が生えそろったあとで奥歯の奥に生えてきます。全部で4本生える可能性がありますが、人によっては埋まったままだったり、横向きだったり、斜めに生えていたり、少しだけしか生えなかったりとさまざまです。

親しらずを痛む前に抜くメリット

まっすぐ生えていて、痛みなどをともなわず、歯みがきができ虫歯や歯周病にかかりにくい場合はそのまま残すこともありますが、まわりの歯に悪影響を与える場合には抜歯が選択されます。抜歯は少なからず身体に負担がかかります。大学受験中や就職活動中や、女性の場合は妊娠中や授乳中などの時期は、抜歯はできれば避けたい処置です。そのため痛む前に抜歯してしまうこともあります。

親しらずの抜歯にはメリット・デメリットがありますので、抜歯の必要性があるかどうかも含め、まずはお気軽にご相談ください。