歯を失った方

失ってしまった歯の機能を補う治療法についてご案内します

虫歯や歯周病、ケガなどによって歯を失うことがありますが、治療しないでそのまま放置してしまうとまわりの歯が動いてしまい、咬み合わせのバランスがくずれてしまいます。するとお口全体の健康に悪影響を与えますので歯を失ってしまったら早めに治療を受けましょう。まずはお気軽に福岡市博多区那珂5丁目の歯医者「もりさき歯科クリニック」にご相談ください。

失った歯の機能を補うための治療法はおもに3つあります。それはとなりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」、取り外し可能な「入れ歯治療」、そして人工歯根を顎の骨に埋め込む「インプラント治療」です。それぞれの治療法にはメリット・デメリットがあります。治療について理解を深め、患者様に合った治療法を選ぶことが大切です。

インプラント治療と入れ歯治療の違い

  インプラント治療 入れ歯治療
  インプラント治療 入れ歯治療
特徴 外科手術でインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込んで支台にしてセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補います。 取り外し可能でさまざまな症例に対応します。保険診療でつくれるものも保険外診療の高性能なものまで選択可能です。
メリット
  • インプラントが顎の骨にしっかり結合すると自分の歯に近い咬み心地を得られます
  • 見た目を自然に美しく仕上げられます
  • まわりの歯に負担をかけません
  • 比較的短期間で治療ができます
  • 保険診療の入れ歯を選べば費用を抑えられます
  • 自費診療の入れ歯を選ぶとさまざまなこだわりを実現できることがあります
デメリット
  • 外科手術が必要です
  • 自費診療なので比較的高価です
  • 入れ歯の種類によっては、外れやすい、咬みづらい、見た目が不自然などの不具合があります
  • 残っている歯にバネをかけるとその歯に負担をかけてしまいます

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インプラント治療について

インプラント治療のメリット
自分の歯のように咬める

入れ歯の場合、硬い物や粘りの強い物などを食べることが難しい場合がありますが、インプラントがしっかり安定すると食べ物を選ばずしっかりグッと咬めます。入れ歯のように歯肉を覆わないので食べ物の温度を感じられ、味覚を損ないません。

治療していることを気にせず生活できる

入れ歯の場合、バネが目立って不自然に見えたり、外れやすかったり、発音が不明瞭になったりする場合があります。しかしインプラント治療を行えば、自分の歯と同じような感覚なので、見た目を気にせず、会話を楽しめます。

まわりの歯に負担をかけない

ブリッジ治療はとなりの歯を削らなければなりません。入れ歯治療は残っている歯にバネをかけて入れ歯を安定させます。そのためどちらの場合も支台になっている歯に大きな負担をかけてしまい、その歯の寿命を縮めてしまうのです。しかしインプラントを埋め込む場合は、基本的にまわりの歯に負担をかけずに治療できます。

顎の骨が痩せにくい

歯を失ったままにするとその部分の顎の骨が痩せていきます。しかしインプラントを埋め込むと咬む力が顎の骨に伝わるので、痩せてしまうのを抑えます。

費用の考え方

インプラント治療は自費診療ですので高額のイメージがあるかもしれません。たしかにインプラント治療には1本あたり30万~50万円かかるといわれています。これを一生というスパンで考えてみましょう。たとえば60歳で治療を受けて、80歳まで生活するとします。この間の食事回数の合計は1日3回×365日×20年=21900回です。インプラント1本にかかる費用を50万円として単純に食事の回数で割ると1食あたり23円程度の負担になります。たったそれだけの費用でまるで自分の歯のような咬み心地が得られ、見た目も自然だと考えると、一概に高額とは言えないかもしれません。

入れ歯治療について

入れ歯治療のメリット
治療費が比較的安い

保険診療の入れ歯は治療費を一部負担するだけです。また保険外診療の入れ歯を選択してもインプラント治療を受けるより費用を抑えられます。

治療期間が短い

インプラント手術では人工歯根が安定するまで保定期間を設けますので治療完了までにはある程度の時間がかかります。しかし入れ歯治療は早くて1ヶ月ほどで治療可能です。

ほとんどの症例に対応

残っている歯の状態にかかわらず治療可能です。また外科手術を受けられないような全身疾患がある場合にはインプラント治療はおすすめできませんが、入れ歯治療はどなたでも受けられます。

理想的な咬み合わせをつくれる

お口全体を治療する場合、咬み合わせを整えた高精度な入れ歯を作製すれば、理想的な咬み合わせを得られます。

入れ歯の種類(自費診療)
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

弾力性のある特殊なプラスチックでつくったバネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。フィット感があり、バネがないので目立たないうえ、まわりの歯に負担をかけません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根に磁性金属を装着し、入れ歯には磁石を埋め込み磁力で安定させる義歯です。入れ歯がしっかり固定します。バネがないので見た目が自然です。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

入れ歯が歯ぐきに接する部分を生体用シリコンで覆った入れ歯です。シリコンがクッションになりグッとしっかり咬むことができます。吸着性があるので入れ歯と歯ぐきの間に食べかすが入るのを防ぎます。

金属床義歯(ゴールド・チタン・コバルトクロム)

金属床義歯(ゴールド・チタン・コバルトクロム)

床の部分を金属でつくる入れ歯です。薄いうえ丈夫につくることができます。食べ物の温度が伝わりやすいので味覚を助けます。

咬み合わせの重要性

咬み合わせの重要性

咬み合わせとはただ単に上下の歯を咬んだときの状態ではありません。咀嚼(そしゃく)を行う際には前歯で食べ物を咬み切り、奥歯で細かく砕き、そしてすりつぶす一連の複雑な作業が連続します。そのどの動きでもバランスが整っていることが大切なのです。また顎関節から考えた咬み合わせの高さも重要です。もし咬み合わせのバランスがくずれてしまうと、強く当たる部位ができそこに虫歯や歯周病などのトラブルを起こしやすくなります。また顎関節に負担がかかることもあり、さらには肩こりや首筋の痛み、腰痛や慢性的な疲れや体調不良まで引き起こすこともあるのです。それは咬み合わせが悪いと身体がゆがみ、バランスを取るためにさまざまな部位に大きな負荷がかかるために生じます。

咬み合わせが乱れるのは、歯を失ったときだけではありません。片側で咬むクセや、足を組むクセ、枕の高さや頬杖などさまざまな原因が考えられます。お口まわりだけでなく全身の健康のためにも咬み合わせを整えることが大切なのです。心配な方は一度当院にご相談ください。